Families without my substitute(2013.6.20更新)
運動不足を気にするようになった、オットと「イケメン」という言葉を覚えてきたムスコ。少し落ち着いてきた8頭のワンコたちに、去年に引き続きだいぶ大きく成長したかたつむりくん2匹に、1匹減ってしまったけれど、まだまだ元気なアカヒレさん2匹とだいぶ付き合いも長くなったタニシさん。そして最近仲間入りしたコドリアス・パンダのコドさん。そしてアタシがいるわけだ。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

不器用ですから
またこの季節がやってきた。



春は入園・入学準備に忙しい季節です。
しばらく離れておりましたが、今年また作らなきゃいけません。
指定のバッグとかね。

今回はサイズと、肩からかけるタイプ・ナップサックタイプなど
ざっくりとした説明のみで、細かく図などはありません。
なので、言ってしまえば そのサイズであればタテ長だろうと、ヨコ長だろうと
OKってことになります。

こゆの困る〜。もともと得意ではナイので頭の中でまとめられず
何度も紙に書いて 頭を抱えながら作りました。



男の子の生地って限られるんですよね。
女の子の方が色々と種類があります。
こゆバッグの紐だって、中央にレースが付いてるのとか
ドットとか お店にいくと色々あります。

子供に好みを聞くと 「青か黒」が色は好みらしい。
男の子って教えてもいないのに だんだんと
黒とか、濃紺とか 暗めの色にカッコよさを感じるようになるんですよね。
つまらん。

黒は出来れば避けたかったので ブルーのストライプに
内側の布はマリン柄にしました。

蓋は開くとき逆さになるってゼンゼン考えなくて、せっかくの柄が
逆さに。不器用なアタシにありがちなミス その,任垢錙

そしてその△魯淵奪廛汽奪で。
縫い合わせ、やっぱり柄がズレちゃった〜




子供と一緒に生地や材料を見に行って買ってきて縫った 歯ブラシコップ入れ


ここでも「黒」というわが子を
黒だけはいや〜(つまんない)とママが泣いてお願いしました。

アトは上履き入れを縫って・・紅白帽子にフックにかけるための
紐を縫い付けて・・ お弁当袋縫って・・
持ち物に全部名前をつけて・・

ぶほっ

ハードすぎて吐きそうっす。
ターコイズのブレスレット



先日のアタシのブレスレットを見て
「○○もほしい!」とぼっちゃま。

ブルーが好きなぼっちゃまのためにターコイズで
チャチャっと作りました。

ターコイズは仕事運が上がるそうですよ。

ぼっちゃまの数十年後のために・・・そこまで効果はないか?

ちなみに旦那サマにもターコイズで作りました。

「仕事運にいいらしいよ」
と教えると、通勤の車に乗っけております。
仕事、行き詰ってるのかしら?

お守りじゃナイんですけどね。 
お茶箱をリメイク
大変ご無沙汰していまして。

先月の下旬のハナシ。
天気の良い日に、お茶箱にみつろうワックスを塗ってました。

 

以前の記事で、紹介しましたワックスです^^


 

みつろうワックスは うすーく 極々うすーく塗るのがポイントらしいです。




塗ったカンジですが、無色ですし 若干ツヤが出たのかな?と
いった程度。
自然な仕上がりがいいと思っていたので、私は満足です。

以前も書きましたが、ワックスでアレルギーを起こしてしまって
苦しんだ経験から、今回はみつろうを選びました。
なんの警戒もせずに素手で塗っちゃいましたけど
ゼンゼン平気でした。
ツンとくるニオイもありません。
(ロウのようなニオイはあります)

私が小学生の頃は木造校舎で、
よくロウソクを自宅から持ってきて 床をロウで磨いたものですが
アレを思い出しましたね。
(今はそんなことしないんでしょうねぇ^^;)

さて、あとは足をつけて 金具を取り付けるのですが
この2つでずいぶん印象が変わると思うので
慎重に探しています。

足の素材はうまく説明できないのですが、手すりや柵なんかに使うような
加工してあるのを探しているんですが、なかなか近所のホームセンターでは
扱っておらず、ネットで探していますが納得のいくものがまだ見つかってません

金具も、せっかく古いお茶箱をいただいたのでソレに合うような
古い金具を探していて、先日アンティークショップへ行ってきたのですが
こちらも気に入ったものがマダ見つけられていません。

また、見つかったらブログでお知らせしたいと思います^^
まぁ、気長に探そうと思ってます・・。
お茶箱をリメイク
今回は、シール剥がしをして、ヤスリをかけるところまでにしようと思ったのですが
ウチのお坊ちゃまが、ペンキ塗りをしたくてしたくて大騒ぎ 

イッキにペイントまでいっちゃいました。



古いお茶のシールやガムテープのアトなどキレイに剥がしきれていないのですが
もう待ちきれない様子。

もう、いいやっ 塗っちゃいなっ!」

とアタシのOKが出ると、待ってましたとばかりに一気に塗りました。
もうイイと言っても、何度も何度も重ね塗りしたので・・



木目を活かした、ステイン仕上げ・・とかかれている水性のペイントを
使ったのに、木目は何処へやら。
乾いたら少し変化が出るでしょうか・・

さて今回、補修されていたテープを剥がして分かったのですが
思ったより、ひび割れが酷い部分がありました。
なので、木工用ボンドではなく 箱の四隅をL字の金具で
補強しようかと思っています。
箱の色がウォルナットなので、ゴツめの黒い金具がいいかなと今は
考えているのですが・・。

刷毛を縦に塗ったり 横に塗ったり。
ムラはもちろん、仕上がりは決してキレイとは言えませんが
家族で作るブランケットボックスは、いい思い出になるんじゃ
ないかなと思っています。

完成が今から楽しみです。
レザークラフトをマスターする
今日はたまっていた記事をイッキにアップです。

下書きはしてたんですけど、写真の編集が出来てなくて
なんだかイッキに3つも今日更新するカタチになってしまいました。

昨日は子供と外出。おもいっきり遊んできました。
こちらはもう夏休みは終わりましたけれど、県外から遊びにきてる
人がまだまだたくさんいて、どこも混んでました〜
夏休み中は、お盆など主人の実家の用事もあり
子供との時間をあまり取れなかったんですよね。

子供が「つまんなーいっ」とパパのドリフのDVDコレクションばかり観ておりました。
お陰で、夏休み中にドリフターズを完全マスター。もちろん、初期の荒井注のコントも
バッチリね!

最近は教育テレビより、朝からドリフが観たいというので
「ソレはダメ^^;」と朝は禁止しております。
テレビに夢中になってしまうんですもの。

あ、レザークラフトの話しでした。

 

先日届いたセットの中には、カードケースも入ってました。
今回も、ヒートカットにてこずりましたけど完成させましたよ。

キーカバーの材料も色違いであと2つありましたので、こちらも
作りました。

何度かやるうちに、糸先をどのぐらい残して
どのぐらい火であぶれば、焦がさずロウだけ溶かして
糸が抜けなくなるのか、ちょっとコツをつかんできたようです。



初回のセットは、ステッチを学ぶのが目標。
来月は穴あけを学びます。

楽しみです^^
お茶箱をリメイク
先日、オットが実家から古いお茶箱を譲り受けてきました。

お茶箱は湿気を防ぎ、衣類などの収納にもいいのだそうで
今でも実家ではお茶箱をシーツや毛布などを収納するのに使用しています。
そのうちの今は使用していない傷んでいたものを譲ってもらったのです。

 

ひび割れているし、貰って大喜びしてる私たちをきっと不思議に思っていると
思いますが、私には宝物に見えますよ

ところどころ、ガムテープで簡単に補修しています。
ひび割れているようです。
これを何とか補修して、ブランケットボックスを作ろうと思います!

まずはお茶のラベルや、補修に貼ったガムテープを剥がし
木工用ボンドでひび割れの補修をしようと思います。

完成までしばしお待ち下さい・・。
レザークラフトをマスターする
興味はあるものの、道具は何が必要なのか
何から始めればいいのか
ソレにちょっと難しそう・・・

そう思って手が出なかった‘レザークラフト’

そんな人におすすめ?手軽に始められるキットが
フェリシモから発売されました。

道具なしでお手軽手ぶらスタート!職人とともにレザーハンドメイドを楽しむ
1年間のレッスンプログラム【12回予約プログラム】


今まで、フェリシモのキット&レッスンのお陰で
編み物やキルトを覚えられた私。
他にも私の郷里に伝わる‘こぎん刺し’など珍しいキットもあるなど
ちょくちょく実は利用してました。
今回も「レザークラフトをマスターするぞっ!」 っというわけで早速注文しました。

今日その1回目のキットが届きました。


フェリシモで注文したものは、いつもカワイイ梱包です。
これはキットが入っていた箱で、さらにもう一回り大きいダンボール箱に
入って届くのですが、このダンボールもカワイイです。
我が家で作った野菜を、親や友達に送るときなどに使うのでこのダンボール
は畳んでいつもおいてます^^



中を開けてみるとこんなカンジ。
この‘01’と書かれている冊子に作り方が書かれています。



1つ1つの工程がカラー写真で書かれているので、とてもわかりやすい!



また、初回はこれから届く道具類を入れる巾着もついてきてます。
ちなみにこの板は私が用意したもの^^;
これから使うかなと思って。

では、レッスン開始です^^



初回は初めから、穴が均等に開いている物が用意されています。
穴の間隔が違うものが2種類入っていて、それぞれどんな物(箇所)
の時に使うものかが書かれていました。

ステッチも3つ。
平縫い・返し縫・かがり縫いです。
こちらも、どんな場面で使うステッチなのかなど詳しく書かれています。



革を縫うって、生地を縫うのとは全然違っていて
私なんて、指先に力があまりナイので針を抜くだけでも一苦労
滑り止めに、指サックとかやればもう少しラクかな?

しかし今回の難所はそこではなく、‘ヒートカット’でした
革を縫うときに使う糸は、ロウ引き糸といって、ロウを引いてある少し
太めで硬い糸なのですが、縫い終わりのときは玉止めで止めるのでは
なく、短く糸はしを切った後、火であぶるんです。
そうすることによって、ロウが溶け丸くなって糸が抜けにくくなるんですけど
何度やっても



革も焼いちゃう〜。
(つД`)アチャ〜です。



そんな感じではありますが、今日は1つ作品を仕上げました♪



じゃーん。アチコチ焦がしつつ^^;
まずは初作品。キーカバーです。

あ〜、楽しかった。
おばあちゃんの布製メジャーテープ
今年亡くなった、おばあちゃんが愛用していた手芸道具。
先日は、たくさんの編み針のことを書きましたけど、譲り受けたのはほかにも
あります。
ミシン糸や針。そして、この布製のメジャーテープ。

 

だいぶ、文字は薄くなってきていて 長い間使ってきた道具なのだと思います。



コレもワタシのお守りになりそうです。
ばあちゃんみたいに、もっとミシンや編み物が上達しますように・・
終わらない編み物のハナシ
たぶん、冬の間に編み上げるのはムリだろう

そう思って、春から初夏にかけて使う膝掛け用に買った毛糸。
前回、棒針編みの練習の為に編んだベスト以来
すっかり棒針編みに夢中(でも未だ上達はせず・・)の私。
手が慣れてきているうちに他の編み方も練習したいと思って
始めたのですが、これがなかなか進まない。

模様編みにてこずってるのも確か!
でも、細い毛糸で編んでしまったので編んでも編んでも進んだ気がしない^^;
なので、途中で飽きる→しばらく放置・・→また編み始める
の繰り返しなのだ。

すでに6玉使ってますが、まだこの程度の長さ。


先は長いです・・・。 
文旦の皮の砂糖漬け


今年もおいしい文旦をいただいたので
残すところなく、堪能いたしました^^



マズ、表面の黄色い皮を薄く剥き、十字に切り込みを入れて
内側の白くてフワフワした皮を剥きます。
(んで、果肉は美味しくいただく・・と)
この時、皮の重さを測ります。
アトで煮詰めるときに入れる砂糖の分量が、
皮の重さの1.5倍だからです。



短冊切りにした内側の皮は、2日間ほど水に浸します。
水は数回取り替えます。



ちなみに、表面の薄く剥いた皮も広げ干しておきます。
カラカラに乾いたら、ネットなどに入れて入浴剤として使います。
とても香りがいいですから、捨ててしまうのはもったいないですよね^^



水に浸しておいた皮をなべに移し変え、
皮がかぶるぐらいの水で一煮立ちさせ、取り出します。
これをもう1度行い、3度目の時に砂糖を(皮の1.5倍)入れ
煮詰めます。
この時、砂糖ではなくザラメなどで煮ると琥珀色に。
上白糖などを使用すると、文旦本来の透明感のある白い色に仕上がります。



煮詰めた皮をザルなどに広げ、乾かします。
表面に水分が無くなるぐらいでOKです。
仕上げに、グラニュー糖をまぶして完成。
我が家には、グラニュー糖が無くて普通のお砂糖をまぶした
もんだから、スグに溶けちゃってきれいに仕上がらなかったんです
けど^^;



次に食べる時までにグラニュー糖を買っとこうと思います

保存は冷蔵庫で。
スグに食べきれないときは、冷凍してもOKですよ。

ちなみに、我が家はなんでも瓶に保存しちゃいます。
子供のオヤツや、犬のオヤツなんかもです。
パっと中身がスグ見えるので、分かりやすいのと
棚に並べてると、なんか楽しくなるんですよね^^
タッパーの方が量が入るんですけどね・・